コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅昌

1件 の用語解説(禅昌の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

禅昌

安土桃山・江戸前期の僧・連歌師。父は松梅院禅永、子は禅意。号は松梅院・徳松院・徳勝院。北野天満宮祠官。徳勝院の開祖。里村紹巴と親しく、豊臣秀吉毛利輝元の一族などに命ぜられ、古典の書写を行った。寛永8年(1631)寂、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禅昌の関連キーワード今城為親清韓文英文閑酒井貞月弘尊安土桃山時代宗因貞徳紹巴連歌師

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

禅昌の関連情報