コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅昌

美術人名辞典の解説

禅昌

安土桃山・江戸前期の僧・連歌師。父は松梅院禅永、子は禅意。号は松梅院・徳松院・徳勝院。北野天満宮祠官。徳勝院の開祖里村紹巴と親しく、豊臣秀吉毛利輝元の一族などに命ぜられ、古典の書写を行った。寛永8年(1631)寂、61才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

禅昌の関連キーワード岐阜県下呂市萩原町中呂望月 クニ下呂(市)寂門崇祐棠林宗寿慶屋定紹下呂市萩原

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android