福井県あわら市(読み)あわら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕あわら〈市〉(あわら〈し〉)


福井県北部にある市。
福井平野北東部と周辺の丘陵地を占め、北東部は石川県に接し、北西部は日本海に臨む。2004年(平成16)3月、坂井(さかい)郡の芦原町、金津町が合併して成立。JR北陸本線、北陸自動車道が通じる。芦原(あわら)温泉を擁し、北陸屈指の歓楽温泉街を形成。スイカ・メロン・ダイコンなどの栽培が盛ん。電子部品・化学製品の工場がある。北部の北潟(きたがた)湖畔に蓮如(れんにょ)ゆかりの坊舎吉崎御坊(ごぼう)跡(国指定史跡)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福井県あわら市の関連情報