コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福井県三方上中郡若狭町 わかさ〈ちょう〉

1件 の用語解説(福井県三方上中郡若狭町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕若狭〈町〉(わかさ〈ちょう〉)


福井県南西部にある町。嶺南(れいなん)地方の中央、北川流域に位置し、若狭湾に臨む。三方上中(みかたかみなか)郡
2005年(平成17)3月、三方郡の三方町と遠敷(おにゅう)郡の上中町が合併して成立。この合併に伴い、三方上中(みかたかみなか)郡新設。国指定名勝かつラムサール条約登録湿地である三方五湖がある。稲作・畜産とウメ・ナシなど果樹栽培が盛ん。梅干し・梅酒・梅ワインなど、特産の福井ウメの加工品も生産する。三方五湖ではウナギ・ワカサギなど、若狭湾ではハマチ、カレイなどの漁が行われる。熊川宿は鯖街道の宿場町で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。常神(つねかみ)半島・御神(おんがみ)島・世久見(せくみ)湾一帯は三方海中公園に属する。町内には古墳が多く分布し、上ノ塚(じょうのづか)・西塚など5つの古墳が国の史跡に指定されている。天徳(てんとく)寺境内に瓜割の滝がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福井県三方上中郡若狭町の関連情報