コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福井県勝山市 かつやま〈し〉

1件 の用語解説(福井県勝山市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕勝山〈市〉(かつやま〈し〉)


福井県北東部の市。
大野盆地北部を占める商工業都市。中世は白山信仰の拠点、平泉(へいせん)寺を中心に発達。江戸時代中期ごろから小笠原氏の城下町。生糸・牛首紬(うしくびつむぎ)などの集散地をなした。明治期から絹織物や人絹・合繊の織物業が発達、福井機業地帯の一角を構成。ほかに縫製・窯業工場などがある。農業では稲作・畜産と野菜栽培が盛ん。恐竜の化石産地として知られ、フクイリュウの復元骨格を展示する福井県立恐竜博物館がある。平泉寺白山(はくさん)神社の境内は国の史跡に指定。清大(せいだい)寺には1987年(昭和62)に建立された高さ17メートルもの巨大な仏像がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福井県勝山市の関連情報