福井県南条郡南越前町(読み)みなみえちぜん〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕南越前〈町〉(みなみえちぜん〈ちょう〉)


福井県中部にある町。九頭竜(くずりゅう)川支流の日野川流域から、北西で敦賀湾に面する。南条(なんじょう)郡
2005年(平成17)1月、南条郡の南条町、今庄町、河野村が合併して成立。今庄地区はJR北陸本線、北陸自動車道がトンネルで嶺南(れいなん)地方へ抜ける交通の要衝だが、今庄・南条地区と河野地区の間を直接結ぶ道路はなく、河野地区は事実上の飛び地となっている。稲作や、ハナハス・ソバ・河野ウメ・スイセンなどの栽培が盛ん。シイタケ・エノキダケなどを産し、スギ・ヒノキの林業も行われる。沿岸定置網漁やウニ・ワカメ採取漁が行われる。海岸部は越前加賀海岸国定公園に属する景勝地。国指定名勝の伊藤氏庭園がある。南部にある夜叉ケ池(やしゃがいけ)は泉鏡花(いずみきょうか)の戯曲の舞台として知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android