福井県吉田郡永平寺町(読み)えいへいじ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕永平寺〈町〉(えいへいじ〈ちょう〉)


福井県北部にある町。九頭竜(くずりゅう)川中流域に位置する。吉田(よしだ)郡唯一の町。
2006年(平成18)2月、同郡の旧・永平寺町、松岡町、上志比村が合併して現在の姿となる。道元(どうげん)開山の曹洞宗大本山永平寺があることで知られる。第3セクターのえちぜん鉄道の勝山永平寺線が通じる。農業は稲作と野菜栽培が中心で、織物業も盛ん。福井大学医学部キャンパス、福井県立大学がある。小舟渡(こぶなと)かまぶろ温泉が湧く。国指定史跡の松岡古墳群(4世紀末から6世紀)がある。永平寺は国宝普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)など多くの文化財を所蔵する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android