福井県大野市(読み)おおの〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕大野〈市〉(おおの〈し〉)


福井県東部の市。
九頭竜(くずりゅう)川上・中流域に位置する。2005年(平成17)11月、大野郡の和泉村を編入して現在の姿となる。この合併により、大野郡は消滅。戦国時代に金森長近(かなもりながちか)が築城した亀山城を中心に、幕末まで城下町として発展。近代には織物業が発達、ほかに電機・金属・家具などの工場が進出。水引細工が特産品。稲作のほか、サトイモ・昇竜マイタケ・穴馬カブラなどの栽培が盛ん。シイタケ・マイタケなどを産する。酒米の生産量は日本有数。北東部は白山国立公園に属する。紅葉の名所の九頭竜峡、九頭竜湖(九頭竜ダム)があり、スキー場も多い。本願清水(ほんがんしょうず)のイトヨ生息地は国の天然記念物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福井県大野市の関連情報