福井県越前市(読み)えちぜん〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕越前〈市〉(えちぜん〈し〉)


福井県中部の市。
福井平野南端部、日野川中流の武生(たけふ)盆地に位置する。2005年(平成17)10月、武生市と今立(いまだて)郡の今立町が合併して成立。越前国府がおかれ、古代から行政・文化の拠点として発展。江戸時代には福井藩領の商工業都市として栄えた。稲作のほか、越前ソバ・白山スイカなどの栽培が盛ん。電機・繊維・プラスチックなどの工場があり、工業出荷額は県内屈指。越前打刃物・越前和紙(いずれも国の伝統的工芸品に指定)などの伝統産業やスポーツウエアの生産も盛ん。たけふ菊人形は北陸の秋の風物詩。花筐(かきょう)公園はサクラの名所。城福寺庭園は国の名勝に指定されている。味真野町に伝わる越前万歳は国の重要無形民俗文化財

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福井県越前市の関連情報