福井県鯖江市(読み)さばえ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕鯖江〈市〉(さばえ〈し〉)


福井県中部の市。
福井平野南部に位置する。南北朝時代は誠照(じょうしょう)寺の門前町、江戸時代は鯖江藩間部(まなべ)氏の陣屋町。明治期には陸軍連隊がおかれた。明治期以降、福井機業地帯の一角を占め織物業が発達。全国一の生産量を誇る眼鏡フレームのほか、国の伝統的工芸品である越前漆器など地場産業も盛ん。西山公園はツツジ・サクラの名所。王山(おうざん)古墳群は国の史跡に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福井県鯖江市の関連情報