福原 謙七(読み)フクハラ ケンシチ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の教育家



生年
天保12年8月2日(1841年)

没年
大正13(1924)年2月6日

出生地
播磨国宍粟郡山崎町(兵庫県)

経歴
大阪で松本巌・後藤松陰の塾に学び、更に丹波篠山(兵庫県)の渡辺弗措に従い、ついで氷上郡(兵庫県)の小島省斎に学び、また備前阪谷朗廬の興譲館に入った。この間、前後10余年。帰郷して播磨(兵庫県)山崎藩藩儒として仕える。明治維新後は印南郡長などを務め、明治17年郷里で私塾・靖献学舎を起こして子弟に教え、著述に努めた。のち品川子爵の知遇を得て、殖産興業の必要を感じ、特に造林事業の実行に当たった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android