コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福地桜痴・福地桜癡 ふくちおうち

大辞林 第三版の解説

ふくちおうち【福地桜痴・福地桜癡】

1841~1906) 新聞記者・劇作家・小説家。長崎県生まれ。本名、源一郎。旧幕臣。「東京日日新聞」社長兼主筆。歌舞伎の改良運動に尽力。著「幕府衰亡論」「懐往事談」、小説「もしや草紙」、戯曲「春日局」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

福地桜痴・福地桜癡の関連キーワード東京日日新聞新聞記者歌舞伎春日局長崎県劇作家小説家本名尽力戯曲草紙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android