コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福富草子(福富草紙) ふくとみぞうし

世界大百科事典 第2版の解説

ふくとみぞうし【福富草子(福富草紙)】

室町時代,15世紀の絵巻。貧乏のあまり妻の勧めで神に願をかけ,放屁の奇芸を会得して人々を喜ばせ,長者になった秀武という老人の話と,それを羨んだ隣家の福富という男が,秀武に芸の伝授を頼んだが,たばかられて貴紳の前で放屁に失敗,さんざんに叩きのめされるという話を上下2巻に描く。絵は各場面連続して描かれ,詞書がなく,絵の中の人物の傍らに台詞が書き込まれている。滑稽卑俗な内容を持つ御伽草子の中でも,特に話の展開やリアリスティックな人物表現などに優れた代表的作例である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

福富草子(福富草紙)の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android