福岡県うきは市(読み)うきは〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕うきは〈市〉(うきは〈し〉)


福岡県南東部にある市。
筑後(ちくご)川中流南岸に位置する。2005年(平成17)、浮羽郡の吉井町、浮羽町が合併して成立。この合併により、浮羽郡は消滅。米・麦作のほか、カキ・ブドウ・ナシなどの果樹栽培が盛ん。こけしなどの木工や製麺(せいめん)の地場産業がある。国の史跡に指定されている楠名(くすみょう)・重定(しげさだ)古墳、塚花塚(つかはなづか)古墳など装飾古墳が点在。吉井温泉、筑後川温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福岡県うきは市の関連情報