コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡県みやま市 みやま〈し〉

1件 の用語解説(福岡県みやま市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕みやま〈市〉(みやま〈し〉)


福岡県南西部にある地名。
筑紫平野南部に位置し、南西部は有明海に面する。2007年(平成19)、山門(やまと)郡の瀬高町、山川町と三池郡の高田町が合併して成立。この合併により、山門郡・三池郡は消滅。稲作のほか、セロリ・ナストマトなどの施設園芸、早生(わせ)ミカンの栽培が盛ん。瀬高町には伝統の酒造業がある。有明海ではノリの養殖が行われる。かつては干拓地に三井三池炭鉱の海底炭田有明坑があり良質の原料炭を産出したが、閉山。食品加工などの工場が操業する。久留米市・大牟田市への通勤者も多い。清水寺(きよみずでら)(天台宗)の本坊庭園は紅葉の名所で、国の名勝に指定。国指定史跡の女山神籠石(ぞやまこうごいし)がある。瀬高町と山川町のカササギ生息地、船小屋ゲンジボタル発生地はともに国の天然記念物に指定。瀬高町大江では国の重要無形民俗文化財に指定されている幸若舞が伝承されている。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福岡県みやま市の関連情報