福岡県北九州市八幡西区(読み)やはたにし〈く〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕八幡西〈区〉(やはたにし〈く〉)


福岡県北九州市にある7行政区のひとつ。
旧八幡市。1963年(昭和38)、八幡区として区政開始。1974年(昭和49)西区と東区に分割されて成立。江戸時代には木屋瀬地区や黒崎地区は長崎街道宿場町として栄えた。明治期より八幡製鉄所を中心に工業化が進展北九州工業地帯中核をなした。折尾地区は大学・短期大学などが多く、若松区とともに北九州学術研究都市の整備が進む。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キログラム原器

メートル法の質量の単位キログラムを定義する人工基準器。国際キログラム原器はパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された白金-イリジウム合金製の円柱形の分銅である。この合金は酸化などの化学変化や摩滅などの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福岡県北九州市八幡西区の関連情報