福岡県大川市(読み)おおかわ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕大川〈市〉(おおかわ〈し〉)


福岡県南西部、筑後(ちくご)川下流左岸の市。
江戸時代久留米藩河港若津港を開き、筑紫平野の物資集散地として栄えた。1964年(昭和39)には新産業都市に指定。古くから家具・建具を中心とする木工業が発展。中小工場が多く、家具・建材団地も建設されている。イグサの産地として有名。ノリ・金魚・コイの養殖や筑後川でのエツ漁が盛ん。農業ではイチゴ栽培で知られる。市全域は国の天然記念物であるカササギの生息地。いずれも国の重要文化財である旧吉原家住宅・筑後川昇開橋がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福岡県大川市の関連情報