コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡県大牟田市 おおむた〈し〉

1件 の用語解説(福岡県大牟田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕大牟田〈市〉(おおむた〈し〉)


福岡県南西端の市。
南は熊本県荒尾(あらお)市に接し、西は有明(ありあけ)海に面する。三池炭田は明治初期に官営となり採炭が本格化。三井組に払い下げられ、日本最大の三池炭鉱として発展した。1889年(明治22)からはコークス・亜鉛精錬などの関連工業も発展。石炭化学コンビナートをもつ有数の鉱工業都市に成長。1997年(平成9)に炭鉱は閉山したが、三井系列の化学・金属・機械などの工場が臨海埋立地に集まり、重化学工業地帯を形成。工業団地・大牟田テクノパークへの企業誘致なども活発。ミカン・イチゴ・ブドウなどの栽培が盛ん。三池炭鉱宮原坑跡は国の史跡かつ重要文化財に指定。壁画の残る萩ノ尾古墳と、人骨が出土した潜塚(くぐりづか)古墳はともに国指定史跡。市街中央の延命(えんめい)公園には動物園や各種スポーツ施設がある。日本のカルタの発祥地として知られ、三池カルタ・歴史資料館がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福岡県大牟田市の関連キーワード大川三池三池炭田荒尾筑後大分[県]大牟田[市]福岡[県]九州・山口の近代化産業遺産群印熊本県民テレビ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福岡県大牟田市の関連情報