コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡県太宰府市 だざいふ〈し〉

1件 の用語解説(福岡県太宰府市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕太宰府〈市〉(だざいふ〈し〉)


福岡県中部の都市。
福岡平野筑紫平野の間に位置する。古代に大宰府がおかれ、九州の政治・外交・軍事の中心地として繁栄。太宰府天満宮の門前町でもあった。国指定特別史跡大宰府跡・水城(みずき)跡・大野城跡をはじめ、天智天皇発願の観世音(かんぜおん)寺や筑前(福岡県北西部)国分寺跡など、多くの史跡・文化財が残る観光都市。菅原道真を祀(まつ)る太宰府天満宮はウメの名所で、学業の神として受験生でにぎわう。天満宮裏には九州国立博物館がある。福岡市の衛星都市として大型団地の建設が進み、人口が急増。九州情報大学福岡医療福祉大学など、多くの大学・短大が進出している。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福岡県太宰府市の関連キーワード佐賀平野静岡平野脊振山地筑紫山地筑紫平野福岡平野うきは筑後背振山地大野城[市]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福岡県太宰府市の関連情報