コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡県宗像市 むなかた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕宗像〈市〉(むなかた〈し〉)


福岡県北部の市。
福岡市と北九州市の間に位置し、玄界灘(げんかいなだ)を臨む。沖合に浮かぶ大島、沖ノ島、地島(じのしま)などの離島も市域に含む。2003年(平成15)、旧・宗像市と宗像郡の玄海町が合併。2005年、宗像郡の大島村を編入して現在の姿となる。この合併により、宗像郡は消滅。東部の赤間地区は旧宿場町・市場町。1961年(昭和36)の国鉄(現JR)鹿児島本線電化以来、福岡・北九州両市のベッドタウンとして人口が急増。福岡教育大などがあり、文教都市の性格をもつ。稲作や酪農・畜産のほか、イチゴ・ミカンや野菜栽培が盛ん。県下有数の水揚げ量を誇る鐘崎漁港は、海女による潜水漁法の発祥地としても有名。港の近くに福岡県栽培漁業センターがある。宗像大社は沖ノ島の沖津宮、大島の中津宮、田島の辺津宮(へつみや)の三宮からなる。島全体が御神体である沖ノ島は女人禁制の聖地で、遺跡から出土した古代祭祀遺物群はすべて国宝に指定、宗像大社の神宝館に納められている。地島・勝島を含む海岸部は玄海国定公園に属する景勝地。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

福岡県宗像市の関連キーワード福岡県宗像市城山ニュータウン福岡県宗像市自由ヶ丘西町福岡県宗像市赤間文教町福岡県宗像市くりえいと福岡県宗像市自由ヶ丘南福岡県宗像市アスティ福岡県宗像市赤間ケ丘福岡県宗像市自由ヶ丘福岡県宗像市城西ヶ丘福岡県宗像市赤間駅前福岡県宗像市城南ケ丘福岡県宗像市公園通り福岡県宗像市和歌美台福岡県宗像市大穂町福岡県宗像市大井台福岡県宗像市桜美台福岡県宗像市広陵台福岡県宗像市三郎丸福岡県宗像市平等寺福岡県宗像市樟陽台

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福岡県宗像市の関連情報