福岡県宮若市(読み)みやわか〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕宮若〈市〉(みやわか〈し〉)


福岡県北部にある市。
宗像市の南、北九州市と福岡市の中間に位置する。2006年(平成18)、鞍手郡の宮田町、若宮町が合併して成立。西部から南部には三郡(さんぐん)山地の山々が連なり、遠賀(おんが)川支流の犬鳴川や八木山川流域に耕作地が広がる。明治中期から筑豊(ちくほう)炭田屈指の炭鉱町として発展。閉山後は工業の町に変容、機械・プラスチック・自動車などの工場が操業する。稲作・畜産のほか、ブドウやタケノコの栽培が盛ん。山間部ではスギやヒノキの林業も行われる。6世紀中頃の装飾古墳である竹原古墳は国指定史跡。犬鳴ダムの下流に脇田温泉がある。石炭産業で栄えた地域の歴史を伝える宮若市石炭記念館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福岡県宮若市の関連情報