コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡県朝倉郡筑前町 ちくぜん〈まち〉

1件 の用語解説(福岡県朝倉郡筑前町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕筑前〈町〉(ちくぜん〈まち〉)


福岡県中部にある町。朝倉市の西、筑紫平野北端に位置する。朝倉(あさくら)郡
2005年(平成17)、朝倉郡の三輪町と夜須町が合併して成立。南部を甘木鉄道のレールバスが走る。稲作のほか、イチゴブドウ・ナシの栽培が盛ん。福岡・久留米両市への通勤者も多い。第二次世界大戦中には特攻隊の出撃基地としても使用された陸軍大刀洗飛行場跡があり、大刀洗平和記念館に復元された戦闘機など戦時中の資料が展示されている。焼ノ峠(やきのとうげ)古墳・仙道古墳はいずれも国の史跡に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福岡県朝倉郡筑前町の関連キーワード赤城甘木朝倉市朝倉山うきは筑後朝倉橘広庭宮原鶴朝倉[町]三輪[町]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone