コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡県田川郡福智町 ふくち〈まち〉

1件 の用語解説(福岡県田川郡福智町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕福智〈町〉(ふくち〈まち〉)


福岡県中東部にある町。町中央で遠賀(おんが)川支流の彦山(ひこさん)川・中元寺(ちゅうがんじ)川が合流する。田川(たがわ)郡
2006年(平成18)、田川郡の金田町、赤池町、方城町が合併して成立。町名は町の北部に位置する福智山(標高901m)に由来する。江戸時代後期に小倉(こくら)藩の石炭会所が開かれた歴史のある炭鉱町で、明治期には方城炭鉱・金田炭鉱などを擁する筑豊(ちくほう)炭田の大産炭地であったが、全鉱閉山。跡地に工業団地を造成し、金属・電機・繊維などの工場を誘致。北九州市の通勤圏で、ベッドタウン化も進む。農業では米・麦作や畜産のほか、イチゴ・ナシ・イチジクの栽培が盛ん。小倉藩御用窯として古くから知られる上野(あがの)焼(経済産業大臣指定伝統的工芸品)の産地。福智山一帯は北九州国定公園に属する景勝地。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福岡県田川郡福智町の関連情報