コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡県田川郡赤村 あか〈むら〉

1件 の用語解説(福岡県田川郡赤村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕赤〈村〉(あか〈むら〉)


福岡県東部、英彦(ひこ)山北麓を流れる今川流域の村。田川(たがわ)郡
村内に炭鉱はなかったが、周辺の炭鉱への通勤者が多かったため、石炭業の衰退時には隣接する産炭地の不況のあおりを受けた。農業従事者が多く、稲作・畜産とキク・イチゴなどの栽培が行われるほか、スギ・ヒノキの林業も盛ん。体験型自然学習施設源じいの森がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福岡県田川郡赤村の関連キーワード足羽川英彦山女峰山英彦山神社九度山英彦山権現豊前歓遊舎ひこさん添田[町]佐久間勝信

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone