コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡県町村会をめぐる汚職事件

1件 の用語解説(福岡県町村会をめぐる汚職事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福岡県町村会をめぐる汚職事件

2009年11月、県町村会参事らがコピー用紙を架空発注する手口で同会から現金をだましとったとして、県警が詐欺容疑で逮捕した。長年にわたり同会で裏金がつくられ、中島孝之副知事ら県幹部を接待していた問題も浮上。同年12月、中島副知事は辞職した。裏金疑惑を捜査していた県警は今年2月、中島前副知事が同会に便宜を図る見返りに同会長の山本文男・添田町長らから現金を受け取ったとして、中島前副知事を収賄容疑、山本会長らを贈賄容疑で逮捕し、福岡地検が起訴した。詐欺罪で起訴された元参事ら2人については福岡地裁が5月、懲役3年執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

(2010-10-20 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone