コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡県直方市 のおがた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕直方〈市〉(のおがた〈し〉)


福岡県北部の市。
遠賀(おんが)川中流域の直方平野に位置する。江戸時代初期は黒田氏の陣屋町、のち遠賀川水運の物資集散地。明治中期から筑豊(ちくほう)炭田の輸送基地、炭鉱機械製造で発展。石炭不況により、昭和40年代までに炭鉱はすべて閉山。その後は工業都市に転換、産炭地振興により造成された工業団地に電機・金属・機械などの工場が進出する。北九州市への通勤者も多い。毎年4月に、遠賀川河川敷で直方チューリップフェアが行われ、多くの観光客が訪れる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

福岡県直方市の関連キーワード天中軒 雲月(4代目)福岡県直方市金田屋敷福岡県直方市須崎町福岡県直方市新知町福岡県直方市神正町福岡県直方市日吉町福岡県直方市永満寺平成筑豊鉄道伊田線福岡県直方市津田町福岡県直方市上頓野福岡県直方市上新入福岡県直方市丸山町福岡県直方市下新入イオンモール直方福岡県直方市直方福岡県直方市下境福岡県直方市植木福岡県直方市溝堀直方市石炭記念館福岡県直方市上境

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福岡県直方市の関連情報