福岡県福岡市博多区(読み)はかた〈く〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕博多〈区〉(はかた〈く〉)


福岡県福岡市にある7行政区のひとつ。
1972年(昭和47)区政開始。古くより港町・商業都市として繁栄。JR博多駅・福岡空港博多港を擁し、九州の玄関口をなす。福岡県庁があり、博多駅周辺はビジネス街。中洲地区の歓楽街が有名。キャナルシティ博多・博多リバレイン・ベイサイドプレイス博多など、大型の複合商業施設や、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡などのコンベンションセンター、文化施設が多い。北西部は博多湾に面する港湾地区。国指定史跡の板付(いたづけ)遺跡がある。2005年(平成17)3月に発生した福岡県西方沖地震では震度5を観測、ブロック塀の倒壊により、県内唯一の死者が出た。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android