福岡県福津市(読み)ふくつ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕福津〈市〉(ふくつ〈し〉)


福岡県北西部にある市。
玄界灘(げんかいなだ)に面する。2005年(平成17)1月、宗像郡の福間町と津屋崎町が合併して成立。福岡市・北九州市の中間に位置し、両市のベッドタウンとなっている。江戸時代に盛んだった製塩業は現在では廃止。養鶏・稲作とイチゴ・ダイコン・ミカンなどの栽培が盛ん。福間・津屋崎などに漁港がある。九州大学附属水産実験所がある。勝浦浜を抱く渡(わたり)半島と宮地嶽(みやじだけ)神社は玄海国定公園の景勝地。福間海岸はマリンスポーツが盛ん。国指定史跡の津屋崎古墳群(5世紀前半から7世紀前半)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福岡県福津市の関連情報