福岡県飯塚市(読み)いいづか〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕飯塚〈市〉(いいづか〈し〉)


福岡県中部にある市。
遠賀(おんが)川上・中流域に位置する。2006年(平成18)、旧・飯塚市と嘉穂(かほ)郡の筑穂町、穂波町、庄内町、頴田(かいた)町が合併して現在の姿となる。飯塚・内野の両地区は、江戸時代には長崎街道の宿場町。明治中期から飯塚炭鉱・明治炭鉱・嘉穂炭鉱などを擁する筑豊(ちくほう)炭田屈指の炭鉱地として発展したが、現在はすべて閉山。炭鉱跡地に工業団地を造成し、自動車・食品・電機・プラスチックなどの工場を誘致。2003年(平成15)には飯塚アジアIT特区の経済特区指定を受け、先端産業の誘致・育成を図る。商業も盛んで大手スーパーが進出。農業では稲作、畜産やイチゴ・ブドウ・ナス・キュウリなどの栽培が盛ん。近畿大学・九州工業大学のキャンパスや、陸上自衛隊の駐屯地がある。旧・鎮西村のカツラは国の天然記念物に指定。日本の独楽資料館、国登録有形文化財の嘉穂(かほ)劇場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福岡県飯塚市の関連情報