コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡空港の増設案と新設案

1件 の用語解説(福岡空港の増設案と新設案の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福岡空港の増設案と新設案

発着回数が受け入れ能力の限界に達するとの予測に基づき、国土交通省と福岡県、福岡市でつくる福岡空港調査連絡調整会議が抜本対策を検討中。増設案は、現空港に2500メートル滑走路を1本増やす。総事業費は約2千億円。新設案は、福岡市沿岸の玄界灘に3千メートルの滑走路2本を持つ空港島を建設するもので、基礎工事に約5200億円、ターミナルビルなどの整備に約4千億円かかると試算されている。

(2009-01-17 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福岡空港の増設案と新設案の関連キーワード下限降伏点上限享受限界受用試す談ずる力の限りレッドゾーン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone