福岡銀行[株](読み)ふくおかぎんこう

百科事典マイペディアの解説

福岡銀行[株]【ふくおかぎんこう】

福岡県を地盤とする九州最大の地銀。〈一県一行主義〉政策に従い,1945年に福岡県下の十七銀行・筑邦銀行・嘉穂銀行・福岡貯蓄銀行が合併し設立。県下唯一の普通銀行となる(現在は筑邦銀行等あり)。広島銀行と基幹システムの共同開発・利用で合意。本店福岡。2011年資本金1247億円,2011年3月期経常収益2509億円。売上構成(%)は,中小企業等向け68,住宅・消費者向け27。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android