福島県いわき市(読み)いわき〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕いわき〈市〉(いわき〈し〉)


福島県にある地名。
福島県南東部、阿武隈(あぶくま)高地東縁に位置し、太平洋に臨む市。1999年(平成11)4月より中核市。平地区は旧城下町で、現在は各種官公庁・商店街などが集中する同市の中枢。明治中期から飛躍的に発展した常磐炭田を中心に、常磐地区とその周辺の内郷・勿来両地区が炭鉱町として繁栄。旧・磐城市の小名浜(おなはま)地区も石炭積み出しの要港をなす。勿来は歌枕の勿来関で有名。1962年、市域一帯は郡山市とともに、新産業都市区域に指定。臨海埋め立て地には金属・化学ほかの大工場や油槽所、炭鉱跡地には電機・製紙工場などが進出し、東北地方有数の工業地帯を形成。とくに小名浜港は国際貿易港・漁港として整備され、重要港湾に指定されている。旧炭鉱内から温泉をくみあげている、いわき湯本温泉は観光保養地。映画「フラガール」で有名なスパリゾートハワイアンズなどの施設がある。海岸線は磐城七浜(ななはま)とよばれる砂浜や海食崖(かいしょくがい)が連なり、多数の海水浴場がある。フタバスズキリュウやいわきクジラの化石が発掘された大久川沿いにいわき市海竜の里センターがあるほか、いわき市アンモナイトセンター、いわき市石炭・化石館など考古学関係の博物館が多い。塩屋埼灯台は日本の灯台50選に選ばれている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福島県いわき市の関連情報