コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島県伊達市 だて〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕伊達〈市〉(だて〈し〉)


福島県北部、福島市の北東に隣接する市。
北部は宮城県との県境に接する。2006年(平成18)1月、伊達郡の伊達町、梁川町、保原町、霊山町、月舘町が合併して成立。市名は郡名に由来する。旧城下町で、江戸時代には養蚕業が発展。長く生糸の産地として栄えたが、明治以降は果樹中心の農業に移行、モモ・リンゴブドウなどを栽培し、あんぽ柿を特産する。電機・食品・紙器などの工場が操業するほか、メリヤスなどのニット産業も盛ん。稲作、畜産も行われる。名山として知られる霊山の南腹には、霊山こどもの村がある。茶臼山城跡は桜の名所。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福島県伊達市の関連情報