コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島県伊達市 だて〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕伊達〈市〉(だて〈し〉)


福島県北部、福島市の北東に隣接する市。
北部は宮城県との県境に接する。2006年(平成18)1月、伊達郡の伊達町、梁川町、保原町、霊山町、月舘町が合併して成立。市名は郡名に由来する。旧城下町で、江戸時代には養蚕業が発展。長く生糸の産地として栄えたが、明治以降は果樹中心の農業に移行、モモ・リンゴ・ブドウなどを栽培し、あんぽ柿を特産する。電機・食品・紙器などの工場が操業するほか、メリヤスなどのニット産業も盛ん。稲作、畜産も行われる。名山として知られる霊山の南腹には、霊山こどもの村がある。茶臼山城跡は桜の名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

福島県伊達市の関連キーワード福島県伊達市月舘町御代田福島県伊達市霊山町山戸田福島県伊達市月舘町上手渡福島県伊達市霊山町下小国福島県伊達市霊山町山野川福島県伊達市霊山町上小国福島県伊達市保原町磐前通福島県伊達市霊山町中川福島県伊達市霊山町泉原福島県伊達市月舘町月舘福島県伊達市月舘町糠田福島県伊達市月舘町布川福島県伊達市志和田前福島県伊達市上志和田福島県伊達市鍛治屋川福島県伊達市中志和田福島県伊達市上川原福島県伊達市柏木町福島県伊達市舘ノ内福島県伊達市長川原

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福島県伊達市の関連情報