福島県南会津郡南会津町(読み)みなみあいづ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕南会津〈町〉(みなみあいづ〈まち〉)


福島県南西部、南会津郡にある町。
2006年(平成18)3月、南会津郡の田島町、伊南村、舘岩村、南郷村の4町村が合併して成立。帝釈山を最高峰に山々に囲まれ、市内を阿賀川、伊南川が流れる。西部地区は特別豪雪地帯。中世には会津西街道の宿場町。稲作、畜産、高原野菜やリンドウなどの花卉(かき)栽培が行われる。林業・製材業も盛ん。小豆温泉・湯ノ花温泉・木賊(とくさ)温泉などの温泉が湧き、会津高原たかつえスキー場会津高原南郷スキー場などスキー場も多い。伊南川はアユ・ヤマメ釣りの名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android