福島県喜多方市(読み)きたかた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕喜多方〈市〉(きたかた〈し〉)


福島県北西部、会津盆地北部に位置する市。
北部は山形県に接する。2006年(平成18)1月、耶麻(やま)郡の熱塩加納村、塩川町、山都町、高郷村を合併して現在の姿となる。江戸時代から市場町として発展、会津塗の漆器、味噌・醤油・清酒の醸造、製糸などの伝統工業が盛ん。アルミニウム精錬・電機などの工場が進出。稲作、畜産、酪農とアスパラガスなどの野菜栽培、山地では林業も行われる。「蔵のまち」として知られ、食品では喜多方ラーメン、宮古そばが有名。蔵のまち美術館、会津うるし美術博物館がある。熱塩加納地区には熱塩温泉、日中(にちゅう)温泉が湧く。高郷地区は荻野石の産地として有名で、化石も多く出土している。阿賀(あが)川の荻野ダム湖に県営の漕艇場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福島県喜多方市の関連情報