コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島県外での避難生活

1件 の用語解説(福島県外での避難生活の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福島県外での避難生活

福島県によると、4月28日時点で計約3万4千人がほぼ全都道府県に避難している。最も多いのは南相馬市民が集団避難している新潟県で7782人。埼玉県4301人▽東京都3644人▽群馬県2730人▽山形県1861人▽栃木県1859人と続く。当初は学校の体育館などに避難したが、プライバシーが保てないなど生活の場としては不向きなため、仮設住宅などに移るまでのつなぎの措置として、旅館やホテル公営住宅への「2次避難」が進んでいる。

(2011-05-02 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福島県外での避難生活の関連キーワード丹羽光重日時フェロシルト不法投棄事件昭和南海地震の被害在日コリアン災害復興公営住宅大学生の就職内定率、過去最低愛沢寧堅加藤明利木村守江

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone