福島県大沼郡会津美里町(読み)あいづみさと〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕会津美里〈町〉(あいづみさと〈まち〉)


福島県中西部、会津盆地南西部に位置する町。大沼(おおぬま)郡
2005年(平成17)10月、同郡の会津本郷町、会津高田町、新鶴村の合併により成立。南部は山間地、北部には平野部が広がり、稲作が盛ん。野菜・果樹・タバコ・マイタケ・花卉(かき)栽培に加え、薬用ニンジンの栽培も盛ん。身不知柿(みしらずがき)、高田梅を特産。旧・会津本郷町は300年の歴史を有する窯業の町で、会津本郷焼が特産品。新鶴温泉が湧く。龍興寺には国宝「一字蓮台法華経」がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android