福島県河沼郡会津坂下町(読み)あいづばんげ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕会津坂下〈町〉(あいづばんげ〈まち〉)


福島県北西部、会津盆地西部の町。河沼(かわぬま)郡
近世には越後街道宿場町稲作果樹・野菜栽培が盛ん。JR只見(ただみ)線・国道49号が通じ、磐越自動車道の会津板下インターチェンジがある。亀ヶ森・鎮守森古墳は国の史跡に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android