コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島県田村市 たむら〈し〉

1件 の用語解説(福島県田村市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕田村〈市〉(たむら〈し〉)


福島県東部、阿武隈(あぶくま)高原の中央に位置する市。
2005年(平成17)3月、田村郡7町村のうち滝根町、大越町、都路村、常葉町、船引町の5町村の合併、市制開始により成立。農業を主産業とする中山間地で、稲作・葉タバコの栽培、酪農、畜産、養蚕、蔬菜(そさい)の栽培のほか、山間部ではスギ・マツなどを産出。石灰石を産し、セメント・ゴム・電機などの工場がある。大滝根山西側の仙台平(せんだいひら)付近に入水(いりみず)鍾乳洞(国指定の天然記念物)やあぶくま洞などがあり、星の村天文台などの観光施設を整備。片曽根山、高柴山ツツジの名所。高瀬川渓谷の行司ヶ滝はふくしまの水30選にも選ばれた景勝地。常葉地区にはカブトムシ自然王国こどもの国ムシムシランドがあり、行楽客に人気。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福島県田村市の関連情報