福島県白河市(読み)しらかわ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕白河〈市〉(しらかわ〈し〉)


福島県南部、阿武隈(あぶくま)川沿いに位置する市。
南西部は栃木県に接する。2005年(平成17)2月、西白河郡の表郷村、東村、大信村を合併して現在の姿となる。電機・金属・ゴム・製紙などの工場が操業するほか、稲作と野菜・葉タバコ・ナシやリンゴなどの果樹栽培と蔬菜(そさい)栽培が行われる。旧・白河市は古代の白河関(しらかわのせき)以来、奥州の関門をなした要地。江戸時代には白河藩の城下町として発展。旧・東村の釜子(かまのこ)地区は江戸時代の宿場町で、陣屋もおかれた。大信地区では葉ワサビ・味噌・山菜を特産する。旧・大信村出身の作家・中山義秀(なかやまぎしゅう)記念文学館がある。南湖(なんこ)公園は国の史跡・名勝に指定。市の郊外には県内で発掘された土器や遺物を多く収蔵した福島県文化財センター白河館(まほろん)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福島県白河市の関連情報