コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島県福島市 ふくしま〈し〉

1件 の用語解説(福島県福島市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕福島〈市〉(ふくしま〈し〉)


福島県北部の福島盆地と吾妻山系の山地にまたがる市。
2008年(平成20)7月、伊達郡飯野町と合併して現在の姿となる。県庁所在地で、県の行政・産業・文化の中心。近世初頭から福島城の城下町奥州街道の宿場町として発展。阿武隈川水運を利用した生糸・米の集散地を兼ねた。1887年(明治20)、東北本線の福島駅が開業し、のち奥羽本線が分岐して鉄道交通の拠点となる。1982年(昭和57)東北新幹線が開通し、市街の近代化が進んだ。1992年(平成4)には、山形新幹線の福島・山形間も開通。第二次世界大戦前は養蚕業を背景に製糸・紡績・化繊工業が盛んだったが、昭和40年代から工業団地に電機・食品・金属工場などが進出。近郊ではナシ・モモ・リンゴを特産。磐梯朝日国立公園の吾妻連峰へ磐梯吾妻スカイラインが通じ、周辺には高湯・土湯など温泉が多い。北部の飯坂温泉は宮城県鳴子(なるご)・秋保(あきう)両温泉とともに奥州三名湯の一つ。市街北方の信夫(しのぶ)山は古来修験道の霊地で、山麓に信夫山公園がある。宮畑遺跡は国の史跡に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福島県福島市の関連情報