福島県耶麻郡北塩原村(読み)きたしおばら〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕北塩原〈村〉(きたしおばら〈むら〉)


福島県北西部、会津盆地北東隅から磐梯(ばんだい)山・猫魔ヶ岳北麓の磐梯高原一帯を占める村。耶麻(やま)郡
アスパラガスなど高原野菜を特産。桧原(ひばら)湖・五色(ごしき)沼などの磐梯朝日国立公園を代表する景勝地があり、宿泊・観光施設が整う。スキー場やスノー・トレッキングコースも多い。サルバドール・ダリの作品を多く集めた諸橋近代美術館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android