福島県須賀川市(読み)すかがわ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕須賀川〈市〉(すかがわ〈し〉)


福島県中央部、郡山盆地中部に位置する市。
2005年(平成17)4月、岩瀬郡の長沼町と岩瀬村を編入、現在の姿となる。市内に福島空港を有する県の空の玄関口。東北縦貫自動車道や国道4号、JR東北本線、東北新幹線が通じる。商工業中心の都市だが、西部では稲作、畜産のほか、岩瀬キュウリなどの野菜や葉タバコの栽培も行われる。国の名勝の須賀川牡丹園や乙字ケ滝(おつじがたき)(日本の滝百選に選定)が名高い。宇津峰山(うつみねさん)は南北朝時代の古戦場でもあり、国の史跡に指定されている。東京オリンピックのマラソンで銅メダルを獲得した円谷幸吉(つぶらやこうきち)の出身地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福島県須賀川市の関連情報