コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島第一原発観光地化計画

1件 の用語解説(福島第一原発観光地化計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福島第一原発観光地化計画

原発事故の歴史を後世に継承し、被災地の復興にも役立てる構想。事故跡地を更地にはせず、世界中の観光客に公開できる形に整備する。現在の構想では、原発から20キロ前後の場所に、宿泊施設を備えた総合拠点「フクシマゲートヴィレッジ」を設置する。災害の記憶を伝える博物館や、自然エネルギーの研究施設なども併設。客たちはそこからバスに乗りこみ、事故跡地「サイトゼロ」を訪れて廃炉作業を見学する。跡地周辺の放射能の危険性が下がり、一定の距離まで安全に近寄れる状態になった段階での実現を想定している。メンバーは東さんのほかジャーナリストの津田大介さん、社会学者の開沼博さん、建築家の藤村龍至さんら計8人。今夏に詳細な計画案を発表する予定だ。

(2013-02-25 朝日新聞 朝刊 朝文化1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福島第一原発観光地化計画の関連キーワード福島第一原発事故スリー・マイル・アイランド原発事故原発事故の防災対策重点区域原発事故調査・検証委員会菜の花栽培によるチェルノブイリ事故の救援県警の被災地応援復旧支援被災地のがれき県警の被災地派遣原発事故子ども・被災者支援法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福島第一原発観光地化計画の関連情報