コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福島第二原発3号機

1件 の用語解説(福島第二原発3号機の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福島第二原発3号機

沸騰水型炉(BWR)で出力110万キロワット。85年に営業運転を開始した。原子炉メーカーは東芝。89年、原子炉に冷却水を送り込む再循環ポンプが溶接不良により破損し、原子炉圧力容器内に落下する事故が発生、運転が1年10カ月止められた。この事故を受け、脱原発運動を進める株主らが運転差し止めを求める訴訟を起こした。01年には、炉心隔壁(シュラウド)にひび割れが見つかり、その後、兆候は97年からあったが、国への報告がなかったことが明るみに出た。また、03年には、停止中に、1本の制御棒の上端部で4カ所にひび割れが見つかっていた。

(2007-03-21 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福島第二原発3号機の関連キーワード軽水炉沸騰水型原子炉沸騰水型炉志賀原発訴訟上関原発建設計画浜岡原発浜岡原発と運転差し止め訴訟志賀原発2号機訴訟

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福島第二原発3号機の関連情報