福田 たね(読み)フクダ タネ

20世紀日本人名事典の解説

福田 たね
フクダ タネ

明治〜昭和期の洋画家 洋画家青木繁の妻。



生年
明治18(1885)年

没年
昭和43(1968)年

出生地
栃木県芳賀郡水橋村(現・芳賀町)

経歴
数多い青木作品のモデルで“青木ロマン”のヒロインでもある。明治30年頃から絵を習い始め、32年18歳の時画家修業のため上京、36年不同舎に入る。ここで青木繁と出会い、一児・幸彦(作曲家・福田蘭童=故人)をもうけた。40年青木が、展覧会出品のため上京したのを最後にふたりは2度と会うことはなかった。その後、43年地元の野尻長十郎と結婚。夫の死後、制作活動を再開し、昭和31年示現会展に70歳で初入選。以後、毎年出品を続け、青木との思い出を描いた回想画を数多く残した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福田 たねの関連情報