福田 蓼汀(読み)フクダ リョウテイ

20世紀日本人名事典の解説

福田 蓼汀
フクダ リョウテイ

昭和期の俳人 「山火」主宰;俳人協会会長。



生年
明治38(1905)年9月10日

没年
昭和63(1988)年1月18日

出生地
山口県萩市

本名
福田 幹雄(フクダ ミキオ)

学歴〔年〕
東北帝国大学法学部〔昭和6年〕卒

主な受賞名〔年〕
蛇笏賞(第4回)〔昭和45年〕「秋風挽歌」,勲四等瑞宝章〔昭和59年〕

経歴
日産コンツェルンの諸会社に勤務。昭和6年小宮豊隆を介して高浜虚子に師事し、山口青邨中村草田男の指導をうけ15年「ホトトギス」同人となる。23年「山火」を創刊して主宰。33年橋本鶏二、野見山朱鳥波多野爽波と四誌連合会を結成。また、14年の八ケ岳登山をきっかけに登山活動を始め、日本各地の山を踏破し、山岳と自然の純粋美を讃える山岳俳句を多く詠んだ。句集に「山火」「碧落」「暁光」「源流」などがあり、45年「秋風挽歌」で蛇笏賞を受賞。46年俳人協会設立の際は理事を、のち会長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android