コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田フキ

1件 の用語解説(秋田フキの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

秋田フキ

大きいもので高さ2メートル近く、葉の直径が約1〜1・5メートルにまでなる。秋田音頭に出てきたり、フキ刈りの撮影会があったり、様々なシンボルマークにも使われている。伝統的には、つくだ煮や漬けものなどとして食べられ、昭和初期(1930年代ごろ)には東京・築地に卸していたという記録もある(秋田蕗(ふき)育成会)。収穫量が減った現在も、毎年6月、秋田市仁井田地区で「あきた大蕗祭り」があり、撮影会や鑑賞会などが開かれている。

(2006-03-09 朝日新聞 朝刊 秋田全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋田フキの関連キーワードティラノサウルスヤップ島メートル尺メートル螺子カードテーブル蒟蒻デカメートル土俵場

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田フキの関連情報