コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田・児童連続殺害 あきたじどうれんぞくさつがい

1件 の用語解説(秋田・児童連続殺害の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

秋田・児童連続殺害

2006年4月9日、秋田県藤里町の団地に住む小学4年女児(当時9)の行方がわからなくなり、翌10日午後、自宅から南へ約10km離れた能代市内の川で遺体で発見された。死因は水死だった。5月17日、今度は女児宅の2軒隣の小学1年男児(当時7)が行方不明になり、18日午後、約12km離れた川岸で遺体で見つかった。男児の首に絞められた跡があり、秋田県警は殺人事件として捜査を始めた。男児の遺体に付着していた毛髪などから、県警は4月に遺体で見つかった女児の母親で無職の女(当時33)を6月4日、死体遺棄容疑で逮捕した。女は男児の殺害を認め、死体遺棄罪で起訴された6月25日に殺人容疑で再逮捕された。その後の調べに対し、女は長女を藤里町内の橋から約8m下の川に突き落としたことを認め、7月18日に長女殺害容疑で逮捕された。2人殺害の動機解明はこれからだ。女児の遺体発見の翌4月11日、県警が「事件ではなく、事故の可能性が高い」と判断、捜査態勢を80人から20人に縮小したことなどから、捜査のあり方が疑問視された。県警本部長は9月の県議会で、女児殺害事件の初動捜査について「しっかり聞き込みをしていれば、事件に関連する情報を入手できた可能性も否定できない」と述べた。

(緒方健二 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋田・児童連続殺害の関連キーワード秋田県能代積立型の団地保険秋田連続児童殺害事件池田亀治鵜沼勇四郎小畑勇二郎鎌田孝一児玉庄太郎武田謙三

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone