コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田内陸縦貫鉄道

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

秋田内陸縦貫鉄道

県や周辺市村などが出資し、旧国鉄線から運営を引き継いだ。89年に全線開通。北秋田市鷹巣駅〜仙北市角館駅間の94・2キロを結ぶ。

(2008-03-13 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

秋田内陸縦貫鉄道

鷹巣(北秋田市)―角館(仙北市)間94・2キロを結ぶ。北秋田市長が社長を務め、県や北秋田、仙北両市、上小阿仁村などが出資。89年に全線開通した。06年度の輸送人員は約50万人で、ピーク時から半減した。赤字は約2億6千万円(06年度)で、県と沿線3市村が補填(ほてん)している。補填額は再生計画で毎年減額するよう定めた。06年度分は計2億4千万円、10年度には計1億5千万円とする。残りは基金を崩して埋めるが、補填にあてられる基金は06年度末で約9億6千万円。

(2008-04-26 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

秋田内陸縦貫鉄道の関連キーワード秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線オリンピックの身代金ホリデーフリーきっぷあきた美人ライン湯けむりクーポン合川(秋田県)秋田県北秋田市伊勢堂岱遺跡北秋田(市)ないりっくん北秋田[市]仙北(市)角館[町]合川[町]鷹巣[町]仙北[市]森吉[町]鷹巣盆地大覚野峠森吉山

秋田内陸縦貫鉄道の関連情報