コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県にかほ市 にかほ〈し〉

1件 の用語解説(秋田県にかほ市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕にかほ〈市〉(にかほ〈し〉)


秋田県南西部、鳥海山の北西麓にある市。
南は山形県に接し、西に日本海を臨む。2005年(平成17)10月、由利(ゆり)郡の仁賀保町、金浦町、象潟町が合併して成立。この合併により、由利郡は消滅。JR羽越本線、国道7号が通じる。旧・仁賀保町の平沢地区はTDK創業者の出身地で、同社の工場群が集中する。農業では稲作とナガネギ・キャベツ・ダイズ・ミョウガなどの生産が盛ん。金浦と象潟に漁港があり、アジ・ヒラメ・ハタハタ・天然カキなどを水揚げする。象潟地区は俳人・松尾芭蕉の『おくのほそ道』にも登場する景勝地で、かつての潟湖である象潟(国の天然記念物)や古刹蚶満(かんまん)寺、国指定名勝の奈曽(なそ)の白瀑(しらたき)谷などがある。仁賀保高原にはキャンプ場や県営牧場がある。白瀬矗(しらせのぶ)は旧・金浦村の出身で、白瀬南極探検隊記念館がある。金浦温泉、象潟温泉が湧く。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田県にかほ市の関連情報